空室対策のリフォームなら空室対策・収益リフォーム専門会社へ

工事現場より

床材選び!!

1

まずはフローリング。一般住宅用床材の中では高価な素材です。
メリットは耐久性に優れダニ・ノミなどの害虫が付きにくく素材に高級感があり清掃が楽(ワックスなどお手入れは必要)などです。
逆にデメリットとしてはお値段が高いこと。水・日よけ等に弱く遮音性能付き以外は音が響きやすく冬場冷たい事などがあげられます。
遮音性能や床暖房、防水処理などお金のかけ方次第で性能は大きく変わってきます。
予算に余裕のある場合にお勧めいたします。

 

 

2

次はフロアタイルです。
こちらのメリットは見た目の質感は高め(フローリングと大差がないです。)
デザインが豊富でフローリングよりも選択肢は豊富です。
耐久・耐水性に優れています。
デメリットは遮音性がなく冬冷たいことです。
フローリングは高いしクッションフロアはちょっと安っぽいという方にはお勧めです。
水周りにも使用できるなど使い勝手にすぐれた素材です。

 

 

3

最後にクッションフロアです。
カラーやデザインは豊富で選択肢が多いのでお部屋のイメージに
合わせて選びやすい、耐水性に優れており、弾力性に優れており
防音性に優れている安価であることなどがあげられます。
デメリットは耐久性が低く家具跡が付きやすく熱にも弱い為
たばこの灰などで穴を開けやすく
フローリングなどに比べると質感は劣ります。

お気軽にお問い合わせください

0334941195

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加