工事現場より

夏・冬の寒暖対策に断熱材施設!


冬場はエアコンを入れても足元はなかなか温まらず冷えますよね。逆に夏場は冷房を入れても冷えなかったり。その原因と対処方法を解体・床造作中の現場からご紹介します。

今回は冬場に暖房を入れた際のことを想定してご説明します。エアコンで暖められた空気はエアコン内のファンによって吐き出され、室内の冷たい空気と混ざり部屋を暖めてくれます。部屋が広ければ空気の量も多いので、暖まるのに時間が掛かります。強運転にして風量を増やしたり、設定温度を上げて暖かい風にすれば室内の温度が上がるのは早まります。当たり前のことですが、普段私たちが見ている天井・壁・床の裏側にはたくさんの空間があり、その空気層をなくすことが大きなポイントです。

部屋が暖まっていくのには順序があります。

写真①

 

天井を解体した後の写真です。キッチンのレンジフードやお風呂の換気扇から吸い上げた空気を外までもっていく配管ダクトがあり、それを隠すように天井が造られています。天井裏にたくさんの空間があることが判ります。

 

 

写真②-1
同じ様に床は更にたくさんの空間の層に分かれています。お湯・水、ガスなどの配管スペース。電気配線スペース。さらに床の補強材が2重に作ってあります。その一つ一つに空間があり層になっています。熱は室内の空気を暖めますが、その熱が空気を伝わって天井裏や床下の空間も温めるため、熱が冷たい空気の方へ移動していきます。空間が広く多ければ多いほど室内が暖まりずらくなり、また温めてもすぐ冷える。というような現象がおきます。

建物によって天井・壁・床の造りは様々です。

ポイントは空気の層で出来たミルクレープ

写真②-2そこで今回の現場では熱が逃げないように床下に断熱材を敷設しました。断熱材は熱を通さない性質がありますので、床の仕上げ材のすぐ下の空間に施設すれば、その下の空間に熱が移動することはありません。「熱を通さない壁」の役割をします。ですので、ポイントは仕上げ材のすぐ下の空間に、なるべく隙間が出来ないように敷設することです。こうすることで無駄に熱が移動することを防ぎます。また、断熱材は音の伝わりを抑制する性能もありますので音の気になる場合にも有効です。もちろん壁や天井にも敷設することでさらに効果が期待できます。暑がりさん・寒がりさんでマンションや戸建の購入を検討されている方は断熱材が入っているかどうかを確認すと良いかもしれません。また、リフォームでも改善出来ることもありますので、ご検討してみては如何でしょうか。

お気軽にお問い合わせください

0334941195

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加