空室対策のリフォームなら空室対策・収益リフォーム専門会社へ

工事現場より

地震・雷・火事・水漏れ!

ハンドル部からの水漏れはパッキンの劣化が考えられます

①

 

今回はパッキンの交換をご紹介いたします。
交換するのは写真①-1のタイプのお湯と水が
それぞれ別のハンドルになっている水栓です。
シングルレバーの水栓の場合は日曜大工レベルでは
難しいので一度、当社へご相談いただければ対応致します。

 

 
 
まず最初に必ずすることは水道の元栓を締めることです。
これを忘れると大惨事になりますので絶対に忘れないで下さい。
水道の元栓は、マンションなら玄関ドアの横の鉄扉内、戸建なら地面の青又は金属のフタを開けた中にあります。
水道メーターのすぐ近くです。元栓を閉めたら水道の蛇口を廻し湯・水が出ないことを確認してください。
ハンドルについている赤と青のキャップを外すとネジがあります。(画像①-2参照)
このネジを外すとハンドルが外れます。(画像①-3参照)固着している場合もありますので多少の力は必要です。
ハンドルを外すと六角のキャップが見えますのでこれも外してください。(画像①-4参照)
水栓を分解する機会は滅多にないので余裕があればこの時に部品を掃除してください。

これからが本番です

②
次にハンドルが付いていた軸棒(スピンドル)を
回して外してください。(画像②-1参照)
外すと水道管の中に溜まっていた水が少しだけ漏れます。
外した時にコマのような部品が軸棒の先に付いていない時は
台座の中に残っているので取り出しましょう。
軸棒を外したら画像②-2のように分解してください。
交換部品は予め購入するか、よく分からない時は
赤枠内の3点を持ってホームセンターで店員さんに
相談してください。

 
今回はパイプのグラつきとその付根からも水漏れがあったのでこちらも交換することにしました。
パイプを外したところ中で折れていました。(画像②-3参照)
パイプ交換の際はパイプの太さに注意してください。16mmと19mmのどちらかです。
古い水栓だと「MYM」というメーカーの場合があります。
この場合は取り付けのネジが合わないのでホームセンターで売っているパイプはそのままでは取り付けられません。
台座とパイプの間にネジを変換するアダプターを購入して取り付けてください。
パイプ取り付けの際にどうやっても元の穴に入らない場合は取り付け箇所をよく見てください。
古いゴムパッキンが台座の中に残っていて、新しいパイプの取り付けを邪魔していることがあります。
それではパッキン交換に戻ります。
画像②-2の3点を交換したらそのあとはこれまでの手順を逆に組み直してください。

工事完了で一安心

③

 

組み終えたら水道の元栓を開けて完了です。
水道の元栓を開ける際の注意点としては、
元栓を「開」方向に目一杯回さないでください。
最後まで回したらほんの少し「閉」方向に戻してください。
水道の元栓は長い年月で固着することがありますが、
少し戻すだけで固着を防止し、次回の閉栓が楽になります。
以上、ご参考にして下さい。

お気軽にお問い合わせください

0334941195

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加