空室対策のリフォームなら空室対策・収益リフォーム専門会社へ

よくあるご質問

お客様より頻繁に頂くお問い合わせ内容・ご質問について、以下にまとめました。
また、下記以外にもご質問がある場合、些細なご質問でも
ご遠慮なくお電話またはメールにてお問い合わせください。

工事について

  • リフォームとリノベーションの違いは何?
    双方にはっきりした線引きはありません。ただ一般的にリノベーションは、古くなった物件をスケルトン状態から設備、仕様、間取り、デザイン、配管関係まで含めて一新し、その物件に新たな価値を付加する工事を指すことが多いようです。一方、リフォームはあるものの設備を更新したり、クロスや床を張り替えたりなど、物件を新築時に近い状態でキレイにする工事を指すことが一般的です。
  • 内装のプランニングや現地調査など費用は掛かるのでしょうか?
    内装工事のプランニングや当社スタッフによる現地調査に費用は掛かりませんのでご安心下さい。費用が掛かるのは、プランニングや工事お見積書にご理解を頂き「請負契約」を締結した時点となります。但し、耐震ほか大掛かりとなる調査は別途費用を頂くこともあります。その場合、きちんとお客様の同意を得たうえで進めますのでご安心下さい。
  • リフォームってどの程度お金を掛ければ入居者が集まりますか?
    一概にいくら掛ければ、いくら収益が増加するとは、なかなかお約束できません。物件ごとに置かれている環境や立地、物件の内装や外装の状況、競合物件、マーケットの状況にマチマチです。これについては、プロである当社が、お客様のご要望等をヒアリングし、調査の上、しっかりとプランニングを致しますのでご安心下さい。ヒアリング時に、予算感や希望収益を当社スタッフまでお伝え下さい。
  • 原状回復ってよく聞くけど実際に何やってんの?
    原状回復とは、賃借人が入る前の状態に戻すことを言います。ですので、前回入居者を探すことに苦労した物件などは、同じことを繰り返してもまた苦戦するといった傾向にあります。空室対策を施すだけであれば、それほどの費用は掛かりませんので、一度ご相談下さい。
  • 現地調査とはどのようなことをされますか?
    実際に物件を拝見させて頂き、設備や仕様の状況を確認させて頂きます。そのときに室内に荷物が多く残っていると正確なお見積もりが出しにくい状況となりますので、できる限り、対象の室内には荷物がないようご配慮をお願いします。また、投資用(賃貸)物件の場合は、近隣の競合調査やマーケット調査まで含めて現地調査をさせて頂きます。また、事前に鍵をお借り頂ける、お部屋をオープンにして頂ければ、特に立会いの必要なく現地調査が可能です。
  • 空室物件の収益化は必ず工事が必要になるのでしょうか?
    すべてが工事を行う必要性はありません。賃貸条件、管理状況、物件の広告や管理会社の業務レベルなども空室が長期化する要因になります。一方、近隣の競合やマーケットに起因した空室の長期化は商品に競争力を与える必要性がありますので、少なからず工事を行うことで解決することが多いようです。お客様のご要望をヒアリングさせて頂き、工事の必要性を感じなければ、工事以外の改善案を提案しますので、ご安心下さい。
  • 工事期間はどの程度掛かりますか?
    物件や工事内容によりますが、だいたい1ヶ月程度が平均になります。また、工事期間中の機会損失をなるべく減らすよう、イメージ画を作成して、イメージアップの上賃貸募集を開始します。当社では、工事期間中にお申込を頂くケースが多いので、内見後のキャンセルリスクを極力減らすためにもなるべくイメージ画を忠実に作成するよう努めております。
  • 収益化(バリューアップ)工事の魅力は何でしょうか?
    投資用(賃貸)物件であれば、収益が増加すること=売却価格(収益還元法で計算した場合、投資用物件はだいたいこの手法で査定される。)のアップです。ということは、資産価値の向上と取れます。投資の側面でいえば、有効な設備投資といえます。一方、居住用物件であれば、画一的なお部屋で室内に自分がライフスタイルを合わせるより、自分のライフスタイルに合わせてお部屋を創りたいですよね。リフォームやリノベーション工事はそれができる手段、方法です。

工事の資金や税金について

  • リフォームしたいが…元手がない。ローンは組めるの?
    当社より、取引している金融機関または信販会社をリフォームローンをご紹介することが可能です。(※審査要)投資用目的で金額がそれほど大きくなければ、当社にてサブリース契約を行う条件付きで、当社がお支払いするお家賃から相殺してお支払いすることも可能です。さらにそれらをMIXして経済的になるべくお客様に見合ったプランをご提案することも可能です。
  • 節税対策や相続税対策になるのでしょうか?
    物件を工事して収益力を上げたとしても、それで不動産の評価額が上がることはありません。結果、相対的にみると税金は変わらず、収入が増加することになります。また、相続においても同じで、相続前に工事を行い収益化するか、相続税の支払い後の手元資金で工事をするかでキャッシュフローは断然に変わりますのでご注意ください。

工事のアフターフォローやエリア、条件について

  • 工事の保証期間のようなものはあるんですか?
    保証期間は用意しております。まず、賃貸投資用物件の場合ですが、①2年間の施工保証 ②2年間の原状回復保証 ③特別価格にてサブリース契約(希望者のみ)を提供 ④入居後のアフターメンテナンス(当社管理受託のみ)を提供。一方、居住用物件の場合、①2年間の施工保証 ②定期的なアフターフォロー ③不具合箇所の対応(工事箇所以外も相談承ります。) ④お手入れ方法のご連絡 などとなります。
  • 1部屋単位やワンルームでも対応は可能でしょうか?
    もちろん、1部屋やワンルームといった物件でも精一杯ご要望に応えさせて頂きますので、ご安心下さい。
  • 首都圏以外の対応は可能でしょうか?
    業務状況や物件によります。まずはご相談下さい。場合によっては、承ることも可能です。
  • 投資用(賃貸)物件以外の対応も可能でしょうか?
    特段、工事ということに限っては、どちらも大きな違いはありません。お客様のご要望や好みをヒアリングして、しっかりプランニングしますのでどうぞご安心下さい。
  • クロスだけやキッチンだけなど部分対応は可能でしょうか?
    もちらんお受けさせて頂きます。まずはご相談下さい。
  • 対応不可能な物件はありますか?
    原則ありませんが、耐震性や構造に問題がある、老朽化が激しい、法律上の問題があるなど、はそのままお受けすることは難しいです。但し、それを解決する手段を講じて頂ければ、特段問題ありません。
  • 築年数が古かったり、木造でも対応は可能でしょうか?
    構造上や耐震上に大きな問題が見られなければ、特段問題ありません。但し、物件として問題を感じた場合については、事前の構造や耐震調査をお願いした上でプランニングをさせて頂きます。別途費用が掛かる場合については、当社スタッフより事前にご説明をさせて頂き、ご了解を得た上で進めさせて頂きますのでご安心下さい。

その後の賃貸管理やサブリースについて

  • サブリースって何ですか?
    簡潔にご説明を致しますと、当社が対象のお部屋や物件を借り上げて、転貸するシステムです。不動産所有者様にとって、借主は当社になりますので、空室の有無に関係なく毎月一定の賃料を受領することが可能です。投資利回りが確定するので、安定を求めるお客様にはピッタリな投資プランです。
  • 工事完了後の賃貸募集までお願いできるのでしょうか?
    もちろん、当社と致しましても、工事を完了して終わりというわけではありませんので、その後の管理運営までお仕事をさせて頂けたら幸いです。また、サブリース契約も用意してますので、お客様が空室リスクなくその後の賃貸を運営できるプランもご用意しております。また、プランニング段階で当社よりイメージ画(パース)をご提出致しますので、工事期間中も時間の無駄なく募集活動をさせて頂きます。
  • サブリースをお願いした場合、契約期間はどの程度でしょうか。
    2~10年の間でお客様に選択頂きます。リフォームローン期間中のみサブリースを行い、その後ご自身で管理をされるお客様もいますので、ご要望にそってご利用下さい。また、当社は、創業依頼一度もサブリース契約の保証賃料の減額をお願いしたことはありません。その点においても長期で安心できるプランであると自負しております。

お気軽にお問い合わせください

0334941195

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加