空室対策のリフォームなら空室対策・収益リフォーム専門会社へ

コラム

調理器具 あなたはガス派?IH派?

1
昨今、リフォームをお考えのお客様の中にはキッチン交換はしないがコンロは交換したいという問い合わせが多く寄せられています。コンロは必要不可欠な調理器具の為、こだわりも色濃く表れます。メーカーも多種多様な機能を整え、安全面も向上しております。既存設備の交換が基本で、ガスコンロやIHクッキングヒーターが代表的です。最近はガスコンロからIHクッキングヒーターへ交換の依頼も増えております。火災の危険性が少なく、またIHクッキングヒーターの場合は磁力線の働きで鍋底を発熱させて調理をする為、周辺部の室温があがらない等メリットがあります。また、少なからずデメリットもあります。今回はガスコンロとIHクッキングヒーターのメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

キッチン交換する際にガスコンロか若しくは
IHコンロでお悩みになりませんか?

★まだまだ多いガスコンロ愛好家!!★

2『ガスコンロ』
■メリット
1)食材に熱を瞬時に通す事が出来る為、中華料理等丸形鍋に適す
2)火力が見える為、調理しやすい
3)焼き物(直火)ができる
■デメリット
1)油の飛び跳ねによる掃除が面倒(フィルターも汚れやすい)
2)ゴトク等は外して掃除する為面倒
3)夏場の調理は室温が上がり暑い

昨今は、火災防止の為、立ち消え安全装置やグリル加熱防止装置などもあります。また、機能面では、メーカーにより様々ですが、電子操作盤(火力をデジタル表示)タイマー機能、温度キープ機能(揚げ物料理等)、特殊なものとしては自動炊飯機能などもあります。人類は火を焚き焼いて食べる。歴史が長く体に染み込んでいる習慣の為、まだまだガスコンロ愛好家が多いのも現状です。洗濯もジャバジャバ洗わないと洗った感じがしないものと似ているかもしれませんね。

 

★安心の調理器具★

『IHクッキングヒーター』
■メリット
1)掃除がしやすくフィルター汚れも少ない
2)もらい火等の火災がなくなる
3)室内温度があがらないので夏場の調理がしやすい
■デメリット
1)使える鍋等が限られる
2)火が見えないので火力調整がわからない
3)ラジエントヒーターとグリルが同時に使えない

IHクッキングヒーターは、電磁誘導加熱といって、磁力で金属鍋の底を加熱する仕組みです。そのため電磁場を発生致します。昨今体への影響等も騒がれましたが、火災の心配が少ない事から取り入れるお客様が増えています。ただ、IHコンロは200Vの電源が必要になり、ガスコンロから交換する場合は費用が高くなります。安全性及びコスト面を考えてIHへ交換される方の多くは、小さなお子さんがいるごご家族に多いように感じます。

お気軽にお問い合わせください

0334941195

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加