コラム

木材はイキモノ

1
お住まいのマンション・戸建で床鳴りに困った経験はございませんでしょうか?
昨今、多種多様の床材が開発されていますが、やはり人気なのが木質フローリング。木のぬくもりを感じられ、
素足で歩きたくなりますよね。木材はイキモノで日々変化します。年数が経てば日焼けや傷もヴィンテージ感が増します。

【床鳴りの原因は伸縮・膨張によるものが多い】

2
しかし、そんな床材が毎日毎日床鳴りがあれば不快に感じ気になりだすと余計不快感が増しますよね。
木材はそもそも水分を含んでいますので伸縮・膨張します。
よくある床鳴りの原因は板のジョイント部分で発生します。
夏は気温が高くなり膨張し、冬は気温が低くなり縮みます。
そんな変化により床材通しが擦れて床鳴りとなって音を発生します。

【床鳴りは音で判断】

3
床鳴りは多くの要因でなりますが、私たちはその要因を『音』で判断します。
『ピキッ』・・・・これは床材自体接着不良が原因大。
またアクリル系ワックスをかけた後にもこのような音がなります。

『ギー』・・・・これは床材自体の擦れによる原因大。
玄関框・建具枠・床見切り等の継ぎ目でこのような音がなります。

『ギシギシ』・・・・これは床材自体ではなく、床材を貼る前に下地用のコンパネ板が擦れてなっているのが原因です。

『ボコッ』・・・・これは床自体を支える束(脚)が浮いているのが原因です。

他にも要因はありますが、代表的な要因を記載致しました。床鳴りはさまざまな是正方法がありますので、もし床鳴りに困っていましたら、専門業者へ相談する事をお勧め致します。

お気軽にお問い合わせください

0334941195

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加