空室対策のリフォームなら空室対策・収益リフォーム専門会社へ

コラム

生活に合わせたキッチンスタイル


暮らしの中でキッチンにこだわりを持つ人は多く、そんなこだわりに応えるべく様々な仕様のキッチンが出ており、暮らし方(使い方)に合わせた選択を可能としております。そんなキッチンのリフォームを行う際、まずは新しく設置する場所を既設箇所からの移設の可能性も含めて空間性と家事動線を再構築する必要があります。日々の使用頻度・隣接するリビングの広さ・家族構成などを考えた上でどこにあったら使い勝手が良く、リビングスペースを圧迫せずにキッチンスペースを確保出来るか企画段階でしっかりと施工業者と打合せを行う事で、その後の仕様決めもスムーズになる事でしょう。

好きな設備を選び楽しむ

2
キッチンの設置場所が決まりましたら、導入設備の選定が必要です。設備も種類が多く使用者のこだわりを十分に取り入れられる所ではありますので、ご自身の使い方を考えた上でご自身にメリットの高いものを選べるとより毎日、料理をする事が楽しみになる事でしょう。
以下にどのような設備があるかご紹介させて頂きます。

 

 

【タッチレスセンサー水栓】
手で触らずして操作が出来るので止水がスピーディで節水効果に期待出来る事と、汚れた手で触る必要がないので
清潔に保たれ衛生的であります。しかし水圧調整をする際は調整レバーに触れる必要があります。

【浄水機能付水栓】
器具のヘッド部分に浄水カートリッジが付いておりますので、別水栓になっているタイプと
比べ省スペースとなります。普段の生活水にこだわりを持ちたい方には必須アイテムとなるでしょう。

【ビルトイン食器洗浄機】
必要最小限の水で洗浄を行う事が出来るので手洗いをするよりも節水効果があります。
60度近い温度のお湯ですすぎ処理をしますので洗浄後の食器の乾きも早いです。ビルトインタイプですので
作業スペースを邪魔することなく日々のキッチンでの作業効率を上げてくれる商品でしょう。

【サイレントシンク】
水を出した時のシンクとの接触音を抑えた商品となり各メーカーによって仕様は異なりますが
シンク裏に制振材を貼付けたり、シンク底面に半球状のエンボス加工を施してあったりと工夫をされております。
高温にも強く、ステンレスにお湯を流した際に底面が膨張しボコッと鳴る現象なども防いでる仕様になっています。

既存のキッチンを活かしたリフォーム


交換はしたくないが劣化してきているので綺麗にしたい
(見せたい)という方もいらっしゃると思います。
費用を掛けずにキッチンリフォームを行う場合に、
まず不具合が生じている設備(水栓・コンロ・換気扇)
の交換は必要となるでしょう。
その際に仕様が変更出来るものは使用者の勝手の良いものに
変える事が出来ます。

収納扉の丁番不良や取手の破損でしたり細かい部品なども、そのタイミングでチェックし合わせて修繕依頼する事で施工業者の経費などの費用を抑える事が出来るでしょう。扉表面の劣化や色褪せが目立つと設備を綺麗にしてもどうしても古さを感じてしまいます。改善案としましては各扉にシートを貼付ける事で綺麗なキッチンに様変わり致します。柄も多種ございますのでキッチン交換をするよりも柄の選択肢は多くイメージをガラッと変える事も可能となります。交換だけがリフォームの選択ではありませんので今後、リフォームを考えてはいるが、どうしたら良いか分からないとお悩みのお客様は当社までご相談頂ければ何かお力になれるご提案をさせて頂きます。

お気軽にお問い合わせください

0334941195

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加